宗像剛ブログ

2019.02.28

No,55 「杜の都景観重要建造物等」歴史的・文化的建造物の保全と魅力ある景観づくりへ

社長ブログ

杜の都 景観重要建造物 見学

 

伊達藩の城下町、政令都市として東北での存在感は群を抜いています。
建物探訪記では福島県内の城下町、会津若松、白河、
二本松の歴史的建造物の保護や現在、将来の在り方を少し触りましたが、
隣県-宮城にも入らせて頂き、学び 考えさせて頂くことが
沢山あるに違いないと感じていました。
今回、仙台市の『 杜の都の風土を育む景観条例 』(平成7年制定)
に基づく表記の施策があることを知り、先ずは入り口として
地下鉄河原町のほど近く 若林区南材木町小学校周辺の
歴史的建造物を4件見てまいりました。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

小林薬局
明治初年の建築、漆喰塗土壁、海鼠(なまこ)壁、レンガ張りに特徴

 

旧丸木商店
天明元年(1781年建築)漆喰塗土壁、海鼠壁

旧仙南堂薬店
大正4年建築、漆喰塗土壁、秋保石積

 

旧針惣旅館
店蔵明治中期・土蔵造り、主屋昭和7年建築・木造瓦葺き

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

南材木町は古くからの商人町として栄え、いずれも老舗・繁盛店として贅が尽くされ
美しい佇まいを残しています。
あいにく所有者と話を交わす機会はありませんでしたが、
地元の方のお話では、
『あって当然の建物でずっと守り続けてほしい大切な建物。』とのことでした。

開発の波は変わらず勢いのある仙台市、
市民と行政の協同でどのような街づくりが進むのか注目です。

 

 

仙台駅西口を点描

 


遅々として進まなかった郡山市駅西口再開発
仙台市が羨ましかったものです。

 

仙台駅西口は次なる進化のステップを歩んでいます!

 

仙台駅の顔 仙台パルコ と 複合ビルアエル

集客力の高さと「発信力」は素晴らしいものがあります。

 

およそ半世紀近くカルチャーの発信基地として
時代をリードしてきたPARCO

感性に訴える発信力はまだまだ盛んです。

アエルはOffice AERとショップ&ワンダーAERの2面の機能があり、
「仙台市男女共同参画推進センター」は充実しています。

 

一番町の仙台三越定禅寺通り館にある
エル・パーク仙台とAER(アエル)が入るエル・ソーラ仙台

図書室も収蔵

 

図書のセンスが光る充実ぶり

研修室会議室も十分。
利用者は素晴らしい展望も楽しめます。

フリースペースで会話を楽しむ若く国際色豊かな学生グループから
趣味の話題で盛り上がるシルバー世代まで、脳と心の活性化が働いています。
このような投資は広く市民生活の向上や ふるさと愛に大きく役立つことでしょう。

 

AER(アエル)2Fに、コーヒーの名店『ホシヤマ珈琲店』

1杯1200円の珈琲と店の雰囲気を楽しむために空席待ちが出るほどです。
…仙台は、都会だ…。

 

 

大学都市仙台・東北大学応援部が受験生に応援エールをプレゼント!
熱いぞ東北大学!

 

受験シーズン真っ盛り!

出身地と志望校を尋ね盛大に応援エールを送る。
疲れた顔の受験生の頬に紅が戻ります。
彼ら熱いハートは駅前広場にこだまします!!!

 

独り言・・・
『 仙台駅西口の賑わいは、商都-郡山駅前の人出の一か月分が、
ここではわずか一時間相当分ではないか?と思われるほどです。
発展拡大を続ける都市…。その中での人の心に応える街づくり、
膨張に身をゆだねてしまった街づくりから脱却して
協働の道を歩むべきですね。』