宗像剛ブログ

2020.03.08

No,94 「A型フォードとたけちゃんのひとり言」

社長ブログ

2017年9月、八光建設ホームページに

「社長ブログ・クラシックカーでゆくたけちゃんの建物探訪記」は始まりました。

 

1931年製のA型フォードを相棒に時間の許す限り、各地に素敵な建物と魅力的な人との出会いを求めて、シンプルな構造の、しかし人間に語りかける力を持つクラシックカーと、旅先での人々との会話を楽しみながら回を重ねること94回。
「目指せ百年企業」のフロントランナーとして走り続けます。

 

2020年の春を迎え、「見て・触れて。生かそう!」の心はそのままに、

「建物探訪記」もこのスタイルでお会いするのは今回が最後。

これからは「A型フォードスタイル」を新しいカタチで発信して参ります。
9年前の震災被害からも復興・前進する私達です。素敵な未来を開きましょう。

 

 

盟友「笹の川酒造株式会社」をお訪ねして。

 

 

福島の酒・郡山酒造組合7社の酒も個性があり愛されています。

わけても「笹の川酒造株式会社」(代表・山口哲司社長)

1765年・明和2年創業の老舗でありながら、絶えず新しい酒造りに

取り組んでいます。社長の御結婚後、奥様が新しい感覚を吹き込み、

さらに豊かな商品構成に目を見張ります。

 

「地元に愛される酒」

私達の年代は「笹の川の歌」を歌うことが出来ます。

小さいころから「大人になったら笹の川を飲もう!」と育てられたようなものです。

昨年秋の台風・水害で大きな被害を受けましたが、精力的に復旧、新酒の出荷にも

無事間に合いました。

 

「安積蒸留所」

笹の川酒造では、1946年からウイスキーの製造に着手しました。

我が国の地ウイスキーの草分けです。

近年のウイスキーブームで全国的にも高い評価と注目を集めるチェリーウイスキー。

わが郡山の郵便番号を冠した「963」

ソフトな「赤」

タフな「黒」

遠くの友達にネーミングの由来を添えて送るとなかなかの好評。

 

「ホテリ・アアルト」のBARに、オリジナルのブレンデッドウイスキーを

提供して頂いております。勿論、笹の川のフラッグシップ「大吟醸明和蔵」も。
県内の酒蔵を回りましたが、いずれの蔵元さんも故郷とともに歩む土地に根差した

しっかりとしたスタンス、郷土愛を秘めた熱い方が多いのが嬉しい。

 

酒神様を祀る構内の神社の前で。

 

 

ウイスキー醸造の安積醸造所も同じ敷地内に。

 

歴史を刻んだ日本酒の蔵でウイスキーの醸造作業が。

 

桶もポットスチールも国内産です。

 

若い女性もウイスキー造りの魅力にはまっています。

 

同行者のT君は30数年前、なけなしのヘソクリをはたいて

当時の「チェリーウイスキー特級・特別注文樽詰め」を購入、今も楽しんでいます。山口社長は嬉しそうに「あれは僕の発案でした。有難うございます。」とにっこりしました。

 

A型フォードのひとり言
「異国の福島を走り、多くの人々と触れ合えたことは幸せでした。

間もなく89歳の僕が多くの皆さんを元気づけたこと。皆さんの表情が嬉しかった。

これからもお目にかかる機会は必ずあります。お気軽にお声をかけてください。

皆さんの福島のA型フォードです!」