宗像剛ブログ

2019.01.28

No,52 新施設 TETTE & ニューイヤーコンサート

社長ブログ

話題の新施設 『 TETTE (テッテ) 』 オープン

 

お隣の須賀川市も東日本大震災では、東西に激震が走り、
市役所も大きく被災、新庁舎が建設されました。
旧福祉センターも全壊…。

今回、須賀川市民交流センターとして1月11日オープンしました。
愛称は『 TETTE(テッテ) 』です。

 

 

市民活動サポートセンター.子育て支援センター.中央図書館.
円谷英二ミュージアム.交流スペースと機能は充実。
各フロアはゆったりとしたスロープで結ばれ、
館内を1周するだけでも楽しく1時間はあっという間に過ぎます。

 

オープンして2週間、大きな話題と関心を集めた円谷英二ミュージアムは
休日には入場制限が設けられるほどの人気です。
ミュージアムは撮影禁止でご紹介できませんが、
古希そして我々還暦の世代から子供、孫まで3世代が目を輝かせて
郷土の誇り円谷英二 そして特撮のヒーローたちの世界を堪能していました。

 

各フロアはゆっくりくつろぎ、楽しめる工夫が随所に見られます。
テラスからは安達太良から磐梯山、阿武隈山地、那須連峰まで素晴らしい眺望も楽しめます。

テラスからの眺望
須賀川市が誇れる施設の誕生です。

 

西に須賀川市庁舎を望む

交流スペース.ひかりのまちひろば

 

エレキング.バルタン星人

 

親子で遊べるワイワイパーク

 

地元ウルトラFMも元気に活動中

 

特撮の神様 円谷英二ミュージアム

 

その生い立ち人生…世界を驚かせた特撮技術
そして子供の世界に目を背けるような刺激はいらない。
純粋に心とイマジネーションが広がる映画を…と言う円谷の信念が伝わるミュージアム。
オープンを祝い、更に充実、世界のファンの聖地になれる日を期待したいと思います。

 

ケイコ・ボルジェソン、ニューイヤーコンサート at  アーマテラス

 

1月20日ケイコ・ボルジェソン ニューイヤーコンサート
『祝日本-ギリシア 友好120周年』は東京サントリーホールで開かれました。
翌21日同じくルクセンブルク在住のソプラノ:マリア・デヴィドザキさんを伴い
アーマテラスでもステージが。

 

ケイコさん…実は昨年の12月25日の朝、岩瀬湯本の宿で転倒。
ピアニストの大事な右腕を骨折…郡山の病院で受診、

その後帰京、翌日再び郡山に戻り手術を受け
28日には中国でのコンサートをこなす…という超人的なエネルギーでした。

『友人達の素晴らしい判断と行動力、

   スーパードクターとの出会いで最高の治療が受けられた!幸せ!!!』 と
厳しい経験を笑顔で語ってくれました。
美しいマリアさんの歌曲は勿論、
ケイコさんのソウルフルなピアノとヴォーカルは私達の心に響きます。

いつもながらケイコさんリスペクト!