2018.09.08

No,38 末廣酒造・嘉永蔵~大正浪漫:七日町通り

お知らせ

A型フォードのひとり言
「9月になりました。たけちゃんと探訪記…各地を巡り始めて早いもので1年が経ちます。日本の四季、福島の四季も皮膚を通して感じてきました。訪れた先々でお会いした方々から温かい歓迎を受けた事はとても幸せでした。
これからも建物の魅力、街の魅力、福島の魅力を訪ねて元気に走ります!」

 

末廣酒造・嘉永蔵 - 2018年登録有形文化財指定・会津若松市日新町12-38

 

1850年(嘉永3年)創業
『末廣』現当主は7代目。私の同行者S君は35年ほど前に先代猪之吉氏に初めてお会いした折に熱い蒸米を手ずから揉んで「食べてみろ!」また雑談の中で螺鈿細工について感想を述べたら「オーイ、アイスクリーム持ってきて!」とおもてなしに与りました。周囲の皆さんは破格の事と驚かれたそうです。現7代目の発信力、行動力は数ある蔵の中でも出色です。
『不易流行(ふえきりゅうこう)』本質は変わることなく、新しく進化を目指す。これを心根に名酒は生み出されます。
『嘉永藏』重厚な構え、中に入ると独特の波長が感じられます。まるで酒神様が宿っているような感覚です。
嘉永藏正面酒造りばかりでなくいろんな願いを聞いてくれそうです。藏ミュージアムと名付けられた空間主力は会津美里町の最新鋭の『博士藏』しかしまだまだ現役です。
年代物の醸造用精米機蔵を改造したカフェ「杏」
魅力満載の見学は随時受付ているようです。
仕込み水が涼やかに迎えてくれました。ご近所の皆さんは楽しみに汲みに見えるそうです。
左の小窓に注目!
昔、少量の酒しか買えない人にも窮屈感を与えずに対面しなくとも買えるように…との嬉しい配慮です。

 

AIZ’S EYES 末廣・鶴之江・榮川・名倉山・磐梯・辰泉・高橋庄作の七つの蔵の統一ブランド

「会津産米で醸した会津の酒」が誕生しました。

 

AAA・會津アクティベートアソシエーション株式会社

地域創成を目的に志を共にする熱い皆さんが2017年にスタートさせました。AIZ’S EYESもその中で誕生。目が離せませんね!我が福島に活力と指針を与えてくれるものと刺激を受けますね。

 

大正浪漫七日町通り

地域活性化伝道師・渋川恵男会頭の本丸・渋川問屋
昨年お邪魔した長門屋さんの七日町店

A型フォードを父娘で気に入って頂きました。

先日伺った「福西本店」8月から座売りもスタート、社長自らお客様と向き合いお客様に喜ばれていました。

地域経済の疲弊と後継者難は会津も深刻。酒造りもそうですが、持続可能な地域の創成に向けて会津の努力には見習うべきものが多くありますね。