『新川町通りの家』民家再生で現代の暮らしに合った快適な空間を創造

古民家・文化財 ,

築約100年の古民家ならではの”趣”と、現代の”快適さ”を合体させました。黒光りする大黒柱、太い梁、手彫りの欄間…。築約100年の数奇屋風古民家を、一部解体したうえで再生しました。経験豊富なスタッフの設計力と、培ってきた施工技術を駆使し、住みにくいゾーニング、使いづらい部分を改善・改修し、新たに、現代の暮らしに合った快適な空間を創造しました。古民家ならではの趣のある全体の雰囲気を壊さないように、既存の柱や梁を生かすのはもちろんのこと今や貴重品となった細工建具もしっかり取り入れました。

C-1_2
KL2C7403_2
KL2C7441_2
KL2C7392_3
KL2C7496_3

建築物概要

名称 新川町通りの家
所在地 いわき市平新川町
構造形式 木造、建築面積125.0㎡、延べ床面積151.43㎡、2階建
再生 玄関、リビング、和室6畳、ホール、客用WC、台所
新築 寝室、浴室、洗面脱衣、WC