国の有形登録文化財をリノベーション!蔵カフェ・カフェリアの民家再生

店舗

築130余年、有形登録文化財の蔵を熟練の技で粋なカフェにリノベーションしました。国の有形登録文化財に指定されている、明治初期に建てられたレンガ造りの蔵を改装したカフェです。店舗入口を2階に設けるという斬新な試み。店内に入ると、往時のままに残された立派な梁が目を引きます。熟練の職人が漆を施した梁は、時空を超えて息を吹き返し、鈍い光を放ち、130年の歴史を物語ります。天井は高く開放感があり、落ち着いた雰囲気が漂います。「小さくても、居心地の良い空間を提供したい」というお施主様の思いに応えたリノベーションです。

P1193159_2
P1193174_2
P1193187_2
P1193196_2
P1193198_2
P1193188_3

【建築物概要】

名称
カフェリア
所在地
いわき市平新川町
構造形式
土造作り、建築面積33.0 ㎡、延べ床面積66.0㎡2階建
リフォーム
蔵の2階、屋根瓦を伝統工法で葺き替え。外部鉢巻、壁のトタンの貼り替えエントランス用に階段増設