ビッグパレットふくしまは技術と素材を駆使した先進的なデザイン

公共施設

「ビッグパレットふくしま」(福島県郡山市)は、多目的展示場と国際会議場からなる複合コンベンション施設です。外観を特徴付ける楕円 形の大屋根「マザールーフ」の形態が「ビッグパレット」という名の由来となっています。工業と商業の都市として発展した郡山市の歴史を 継承し、さらに未来に向かって人・もの・情報の「流れ」をこの地に繋留して新たな文化と経済を育む「インキュベーター(孵化器)」とし て、この建物が構想されました。郡山盆地に浮かぶ「一粒の水滴」が原イメージとなってデザインコンセプトが構築されています。屋外展示 スペースは、グライダーやヨット等に使用される新素材CFRP(炭素繊維強化樹脂)製のキャノピーで軽快に覆われ、光や風を透過しながら雨 を遮断する快適な環境が確保されています。全長約220mに及ぶペデストリアンデッキは2階のエントランスロビー(アトリウムロビー)へと つながり、多目的展示ホールとコンベンションホール・会議室等のコンコース=アトリウムにつながっています。またカテナリーカーブのルー フストラクチャー、キールトラスを結ぶ逆円錐形のファンコラム、HPシェルを横に連結したペデストリアンデッキ、カーボンファイバーなど 高度な技術や最新素材を駆使したダイナミックで先進的なデザインが人々を惹き付けます。

bigpalette_01
bigpalette_02
bigpalette_03
bigpalette_04
bigpalette_05
bigpalette_06
bigpalette_07
bigpalette_08

Atsushi Kitagawara Architects 株式会社北川原温建築都市研究所http://www.kitagawara.co.jp/より